※ 基本的に当山檀信徒の方が対象となります。


 ご家族の方がご逝去された場合は、当山(菩提寺)まで速やかにご連絡ください。
 その際に通夜式葬儀式の日程等を調整いたします。併せてお戒名を授ける上で、大切な確認(※)をさせていただきます。
※ お戒名については、生前の功徳、ご職業、ご趣味、お好きだったお言葉などを確認(※)させていただき、当山住職より通夜式(又は枕経)の際に授与いたします。
五重相伝授戒会の受者で生前戒名をお持ちの方又は既に当山より生前戒名を授与されている方を除きます。

 また、式の事前に、通夜式及び葬儀式(繰上げての初七日忌法要を同時に執り行う場合等を含みます。)並びに出棺式、荼毘式、納骨式等の流れをご説明いたします。
 通夜式においては、お浄土に生まれてから仏弟子になるための作法(剃度作法)を執り行い、仏法僧に帰依する三帰三竟とお戒名を授与させていただき、故人様のご回向をいたします。
 そして、葬儀式においては、引導(下炬引導(※))をお渡しした後、喪主様、ご家族・ご親族様、ご会葬の皆様によるご焼香をいただき、通夜式に引き続き、再び故人様の葬儀式としてのご回向をいたします。
※ 下炬(あこ)とは松明(たいまつ)で火をつける火葬の事で、引導(いんどう)とは新亡をお浄土に導くためのものです。

 繰り上げての初七日忌法要を執り行う場合は、葬儀式の後に行います。
 その後、喪主様、ご家族・ご親族様、ご会葬の皆様により花入れの儀を行い、出棺式となります。
 火葬場に着きましたら、炉前にて荼毘式を行い、皆様によりご焼香いただきます。
葬儀式当日に納骨をされる場合は、墓前にて納骨式を執り行います。



 お戒名とは、正式には「法名」といい、一般的に道号、戒名、位号などから構成され、戒律のある宗派で戒律を受け、仏弟子になることで授与される名前をいいます。仏の教え、戒めに従うことを約束することで授けられるものなのです。ですから、本来は死後につけてもらうものではありません。生前に五重相伝授戒会を受けることなど、いただく名前のことなのです。
 なお、ご逝去の後にお付けする場合は、生前の功徳とご葬家の想いを込めた文字を選びます。



 通夜式葬儀式(繰上げ初七日忌法要、出棺式、荼毘式、納骨式を含みます。)のお布施は、式の導師を務める僧侶が心を込めてご回向・ご供養、そして故人様のお浄土への導きに努めたことの「法施」に対して、ご葬家が布施行「財施」を行うこと、またご葬家の功徳としてお預かりするものです。詳しくは当山までご相談ください。




※ 上記文章中のリンクは、浄土宗サイト等にリンクしております。