こんなときは?


ご家族・ご親族がご逝去された場合ご家族・ご親族がご逝去された場合

 「葬儀について」をご確認ください。
故人・ご先祖様の年回忌や命日忌を執り行いたい。故人・ご先祖様の年回忌や命日忌を執り行いたい。

 「法事について」をご確認ください。

 ※ 水子供養も行っております。
故人・ご先祖様の塔婆回向をしてもらいたい。故人・ご先祖様の塔婆回向をしてもらいたい。

 「お塔婆について」をご確認ください。
お位牌を新調した。又は夫婦、ご先祖様とまとめて作り直した。お位牌を新調した。又は夫婦、ご先祖様とまとめて作り直した。

 七七日忌(四九日忌)までに本位牌を作られた場合は、七七日忌法要の際に位牌開眼式を含めて執り行います。「七七日忌(四九日忌)について」をご参照ください。
 ご夫婦・ご先祖様とまとめて作り直された場合は、これまでのお位牌を撥遣(魂抜き)し、新調されたお位牌を開眼(魂入れ)いたします。ご自宅又は当山(当山での開眼をご希望の場合は、これまでのお位牌と新調されたお位牌をお持ちください。)にて開眼が可能です。
※ 開眼・撥遣回向にかかるお布施については、当山までお問い合わせください。
お仏壇を新調した。お仏壇を新調した。

 お仏壇のご本尊様(仏像又は掛け軸など)の開眼(魂入れ)を行います。ご自宅又は当山(当山での開眼をご希望の場合は、ご本尊様をお持ちください。)にて開眼が可能です。
※ 開眼回向にかかるお布施については、当山までお問い合わせください。
お墓を新しく建立した。お墓を新しく建立した。

 墓石・墓誌の開眼式を執り行います。当山僧侶が墓地に出向いて執り行います。なお、準備するものなどは当山又は墓石事業者などにご相談ください(墓石事業者との調整が必要な場合がございます。)。
※ 開眼回向にかかるお布施については、当山までお問い合わせください。
古くなったお札やお塔婆などがあるのだが、どうしたらよいか?古くなったお札やお塔婆などがあるのだが、どうしたらよいか?

 古くなったお札・お塔婆などは、当山にお納めください。まとめて撥遣(魂抜き)し、浄焚(お焚き上げ)いたします。お塔婆の場合は「お塔婆について」もご参照ください。
※ 回向にかかるお布施については、お気持ち程お包みください。
※ 当山では毎年12月31日に浄焚会を厳修しております。当会の際にもお納めいただけます。



  • 当山檀信徒に入檀される方に対して墓地の永代使用を許可しております。ご相談ください。


  • 当山は24時間365日間の警備(防犯カメラ、人感センサー等)が作動しております。特に夜間のお参りにつきましては警備を強化しておりますので、ご注意とご理解をお願いいたします。