お盆の起源は「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」という経典に示されておりますお釈迦様のお弟子様である目連尊者(もくれんそんじゃ)と餓鬼の世界に堕ちたその母親の説話からはじまりました。

 目連尊者が、お釈迦様に餓鬼道に堕ちた母親を救う方法を求めたところ、「僧たちが夏の修行を終える7月15日に、彼ら(餓鬼)に食べ物や飲み物を献じれば、その功徳により汝の母を救うことができよう。」と説かれました。

 これに基づき、当山では毎年8月13日から16日にご先祖様のご供養としてお盆の行事を行います。

 目連尊者が母親を救いたいというお気持ちと同じように、私たちは父・母をはじめ、多くの方々の命のつながりがあったからこそ、私たちの命があるということに感謝し、その気持ちを伝えるために、お盆には、ご先祖様を極楽からお家にお迎えし、ご供養に努めるのです。

 そして今一度、私たちがこの世に生きている有難みに感謝し、お盆の大切な意味を次の世代へつないでください。


※ ご先祖様をお迎えする前に「精霊棚」などを飾る準備をしておきましょう。(浄土宗「お盆の準備」参照)

※ 当山では、新亡(新盆)のご回向として、毎年8月14日(お住まいの地域によっては7月又は8月8~10日)に各新亡ご尊家宅に伺い、棚経をお勤めいたします。

※ 8月13日午前8時より、当山本堂にて、盂蘭盆会塔婆回向法要を厳修致します。お塔婆につきましては、8月12日午前6時までにお申し込みください。

(お願い)

 当山ではお墓参り等で出たごみにおいては、分別廃棄を推進しております。燃えないごみはお持ち帰りにご協力ください。(ご来山の皆さまへ



 お釈迦様のお弟子様である阿難尊者(あなんそんじゃ)が瞑想の中で、口から火を吐く恐ろしい餓鬼が現れ「お前は3日後に死んで、我々と同じ恐ろしい餓鬼道に堕ちる。」と言われました。

 阿難尊者は、お釈迦様に救いの方法を求めたところ、「その苦から免れたければ、三宝(仏・法・僧)に供養しなさい。そして無数の餓鬼たちに食べ物を施し、その功徳により餓鬼も救われ、お前も救われるだろう。」と説かれました。この教えに従い、阿難尊者は寿命を延ばしたという説話からお施餓鬼がはじまりました。

 お施餓鬼では、餓鬼だけではなく、ご先祖様や広く無縁の諸精霊をご供養し、また同時に私たち自身の福徳延寿(ふくとくえんじゅ)を願うのです。

 当山のお施餓鬼(大施餓鬼会法要)は、お盆の季節に以下のとおり厳修しますが、基本的にはお施餓鬼とお盆は異なる法会・行事です。


(日時) 平成30年8月15日(水曜) 午後2時開会  ※ 午後1時から本堂地下堂にて受付

(会所) 雲天寺本堂 (本堂地下堂にて受付)

    


※ 新亡(新盆)ご尊家におかれましては、7月に大施餓鬼会法要のご案内通知をお送りいたします。

※ 大施餓鬼会法要の日は、境内が大変混み合いますので、公共交通機関又はお車乗り合わせにてご来山ください。なお、第2駐車場もご利用ください。

※ 永代施餓鬼、附施餓鬼のお塔婆は、8月15日午後3時30分(法要後)以降にお渡しします。


(出典・引用)